納豆たらこスパゲちゅ

孤高なRGの自由すぎる冒険録

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

悪夢 

奴が想像以上だったのか、それとも俺に足りない物があったのか。



第4回ソロET。
前回の教訓を生かして俺は挑んだ。
その結果、どうなったのか。


まず、水鎧を着忘れて亀将軍で死んだ


前回を覚えておいでだろうか。
一度は水鎧を着て挑んだものの、諸事情で地デリ鎧に着替え、そして水鎧にし直すのを忘れて惨敗した。
俺は誓った、「同じ過ちは繰り返さない」と。


誓った翌週、余裕でリピートしてしまった・・・。


そんな事故があった今回、記録更新に成功した。
80Fクリアである。
嬉しいが、地獄過ぎて疲れた。


ミスは、亀1・DL2・ヒバム1。
合計4回。



・亀
亀は先の通り、何の進歩もないやられ方をした。
しかも今回もグング装備をすっかり忘れていたという、本当に前回と同じパターン。
さすがにヘコんだ。
が、その後はそれが嘘のようなスムーズさで登っていけた。


・DL
コーマはもう仕方がない。
対策はきっちりやっており、取り巻きの一人分離もしっかりやった。
その上でのコーマ死はもうどうしようもない。
速度増加に入った時の対処が甘いので、そこをきっちり出来れば良いのかもしれない。



・堕ちた大神官ヒバム
今回で最もやばかった相手である。
まず、死因は単純にアイス切れ。
致命的な傷による回復量低下が痛く、つい連打しすぎてしまった。

そもそもこれといった具体的な対策を何も練っていなかった上、ソロで交戦するのは初だった事もあり、手探りで戦った。
毒鎧が良いとされていたが、RGなら闇鎧でいいかもしれない。
フェイス10のおかげで聖属性耐性がある上、闇鎧でないとダークストライクのヒットストップのせいで逃げ切れない。
抱えて倒そうにも、取り巻きのバンシーが思いのほか痛い。
ムンスラで1確できないためにどうしても消耗する。
相当な装備があればムンスラ2確なんだろうが、3~4確では厳しい。
しかも非常にタゲを取りにくく、バニでターゲッティング出来ない。

消耗を防ぎながらやるには、やはりキャノンスピア逃げ撃ちとバニシング・ピンポンを織り交ぜないときついと判断した。
そこに辿り着くまでにある程度減らしており、補充キャラをチェンジさせた時点でETの残りは10分しかなかった。
その方法で勝負をかけ、残り1分からはもう消耗を覚悟でバニ連打。

その結果、見事に奴を退治できた。
しかも、それはETが終わる10秒前の出来事。
倒して10秒で俺はETから追い出された。
時間的に考えたら、奇跡は確かに起きたのだ。


ソロ80F


ドロップは安心の聖水のみ。
SS取って戻された瞬間、疲れがどっと出た。
使った回復剤はアイス700~800、レモン400、ぶどう300、もち200。
無駄撃ちやら何やら多すぎてこうなった。

正直、OBがあれば簡単な相手なんだろうと思う。
ある程度の被弾はしてもバンシーを高速で処理できて、それによってバニシングでのターゲッティング精度が上がる事を考えたらOBはやはり偉大なのだ。
が、どんなに嘆いても今はOBを使えない。
他の方法を考えるしかないのだ・・・。
150RGならヒバム食えて当たり前とか思ってる人はやってみるべきだと思う。
現状の制限かけられたRGではかなりマゾい。
俺がまだ未熟なせいもあるだろうけど・・・でもかなり消耗すると思う。


今回の打開策として思ったのが、サスカッチ制服を作ったらどうかと思った。
闇制服との持ち替えを考えて制服。
取り巻きを凍らせればいけるのではないか。
呼び戻されても凍結状態は続くはずなので、それならばもしかしたらバニシングでのタイマン勝負に持ち込みやすいのかもしれない。
他のMVPでも使えるはずなので、ちょっと作ってみようと思う。
失敗したら泣くしかない。




今回の収入は以下の通り。

・紫箱 → 5個
・コインホルダー → 3個
・サキュバスc
・コボルドc
・スタッフオブティアー


まぁまぁレアが出た感じ。
次回の励みにさせてもらおうと思う。
ボスをやっているせいもあって、少しずつスピードアップしてきていると思う。
来週どうなるか今から楽しみ。
RO  :  trackback --  :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。