納豆たらこスパゲちゅ

孤高なRGの自由すぎる冒険録

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

トール火山3F -Wizペア(その1)- 

お待たせしました。
味噌さんに「トール記事まだ?」とか言われちゃったんですけど、楽しみにされてたんでしょうか。
あらかじめ注意書きですが、今回は(今回も?)技術的な内容が多く含まれます。
なかなかわかりづらいところもあると思いますが、頑張って読んでもらえると幸いです。
なお、不明な事があったらゲーム内で質問してもらえれば受け答えします。


- 1. スペック -
まずは装備面から。
今では結構ハイスペックになってるけど、旧スペックも記載しておきます。
別に自慢してるってわけじゃなく、「装備があるからこそできる動き」とかもあるから、動きを書くなら下地も載せないとダメなんすよね。

(現在)
・+6シャープヘッドギアオブレッドブラッド(レイブオルマイc挿し)
・いたずら妖精の耳
・くわえた魚(趣味っす)
・+4ディアボロスローブオブイフリート(パサナc挿し)
・+9治癒の杖
・+7ガードオブロイヤルガード(アリスc挿し)
・+5イミューンヴァルキリーマント(レイドc挿し)
・+7グリーンタイダルシューズ(マーターc挿し)
・ニンブルディアボロスリング(ゼロムc挿し)
・ディアボロスリングアンダーアキャスト(フェンc挿し)
・イヤリングオブフラッシュ(ヨーヨーc挿し)

(過去)
・+7シャープヘッドギア
・黒縁メガネ
・くわえた魚
・+7グリッタリングクロースオブイフリート(パサナc挿し)
・+8治癒の杖
・+7ガードオブロイヤルガード(アリスc挿し)
・+6イミューンウールスカーフ(レイドc挿し)
・+7グリーンタイダルシューズ(マーターc挿し)
・ニンブルグローブ(ゼロムc挿し)
・グローブアンダーアキャスト(フェンc挿し)
・セイフティリング

装備面で言えば、どちらも一長一短。
前者(現在装備)は、完全回避のおかげで位置ズレ修正しやすいなどのメリットがあるけど、MaxHPが11kだからスキル系の回避不能の攻撃をされると辛い。(スキル攻撃は完全回避で避けれないので・・・)
後者(過去装備)はその逆で、耐久力はあるけど、位置ズレなどのトラブルに極めて弱いというもろさがある。
なお、1Fに関しては後者の方が有利。
前者だとインプに闇ブレスを入れてもFWを無効化できない反面、後者はFW無効化できる。(MDEFが理由)
これが正解装備ってわけではないので、自分のステと相談しつつ、ベストな選択肢を選ぶといい。
因みに現在、ヨーヨー挿しディアボロスリング欲しいなーって思う。

次に使用する回復剤。
当然、名声ホワイトスリムポーション持って行くわけだけど、問題はその個数。
俺は15個しか持って行かない。
ガチで耐えなきゃいけない場面あるのは確かだけど、できればそういう場面作らずにやっていくべき。
「自分に無理をさせない」という意味も込めて、持って行く回復剤はケチるべき。
青石は300個程度積んでる。
前は210個が限界だったんだけど、鎧が軽くなったので・・・。


- 2. Wizへの理解 -
Wizの性能次第で、プリがやるべき事というのは変わってくる。
例えば、カーサの倒し方1つ見ても結構違うので紹介。
以下、( )内はWizスペック。

(INT133 ダブルサイン +5~+8SOPの場合)
・共闘&タゲ寄せのHL
・ニューマ
・ヒール
・LA2回
・カーサがガンバンした場合、追撃SGのためのサフラギウム

(INT140 ダブルサイン +7以上SOPの場合)
・HL
・ニューマ
・ヒール
・LA1回
・ガンバン時の追撃用サフラ(ただし+9以上のSOPの場合、7~8割くらいはガンバン前に1確できるので考えなくてもよい)

(INT145 ダブルサイン +8以上SOP or INT140 女神仮面 ダブルサイン +8以上SOP)
・HL
・ニューマ
・LA1回(なくていいこともある)
・ヒール

こんな感じで、プリ側のやる事が減ってくる。
当然といえば当然のことだけど、LA回数が減ったりサフラをサボってよくなるのはプリには大きい。
組むにあたってWiz側の能力をふまえておかないと、無駄な仕事をしてしまうことになるので、きちんと事前確認。
それによって、イレギュラーな事態に遭遇しても、自分がやるべき支援が自然と見えてくることもある。
「自分がWizだったら・・・」という想定の元、ROratorio辺りでシミュるのをオススメ。
なお、3Fペアでは料理あり(=INT140)が前提という感じなので、Wizにちょっと負担がかかるのが悲しいところ。

そしてIWに関しても、プリ側は最低限の事は理解しておくべき。
止め方は当然理解しておかなきゃいけないけど、そこの説明は省く。
重要なのは、その知識を動きにどう活用できるかという点。
例えば・・・・。

壁壁壁壁壁壁壁      と     壁壁壁壁壁壁壁
   自                      自
   敵                     敵

こういう2つの状況で「Wiz視点ならどっちの状況がIWハメしやすいか」を考えてみる。
その答えをここでは言わないけど(教えてばっかじゃつまらないものw)、答えがわかれば、Wizが楽に動けるようにしてあげれる。
自分のキャラの動きにも影響することだから、考えて損は全く無い。


- 3. ソードガーディアン -
トール火山において、出来れば最も関わりたくない相手。
しかし所持するレア(プラチナシールド)の高額さゆえに、心情とは裏腹に倒さざるを得ない。
一般MVPボスの爆裂状態をはるかに超えるAtk。
強烈な威力のスピアブーメラン。
そしてHP50%以下から始まる、脅威の2HQ(ASPD190/秒間攻撃回数5回)。
こいつを上手く処理できるかどうかが、1F・3Fペアの難易度の高低を大きく左右する。
以下、その処理方法。


・壁際でのガチ

抱える

その名の通り、完全ガチ。
プロセスを簡単に説明すると、遭遇したらまず壁際へと連行。
この際、完全にタイマン状態に持ち込める場所へ誘導する事。(=来た道をある程度戻るべき)
また、プリが必ず壁を背負う形にする。(プリが壁と剣ガディに挟まれる形と言うべきか)
シールドチャージを使うため、平地でのガチは危険極まりない。
プリがSWで抱えたらWizはAMPSGを展開して、2HQ直前に追い込む。
そこからはSWしつつ上記SSのようなバックサンクチュアリを展開、再度AMPSG。
2HQに入ったら、そこからはプリの見せ場。
SWをタイミングよく出して、それだけに集中する。(というか、それにしか集中できない状態にされてしまう。ゆえにタイマン状態が好ましい)

2HQさえ凌げれば、はっきり言ってカモでしかない。
それゆえに、SWの目押し(連打でもまぁいいけど・・・)ができれば問題ないと思われがちだけど、実際は奥が深い。
というのも、全てのソードガーディアンが無傷という保障がどこにもないから。
無傷もいれば、ある程度減っているものもいる。
酷いものはすでにHPが50%切っていて、抱えた時点で即座に2HQ発動させるものもいる。
だから実は、最初の簡単な説明の通りにやるだけで上手く行くとは限らない。
HP最大だと思って抱えた剣ガディが、即座に2HQしてきたとしたら?
サンクが出てなければ、白P叩きながら頑張るしかなくなってしまう。

この対策としては、剣ガディを抱え始める時点ですぐにバックサンクを展開すること。
最初のAMPSGの時点でサンク出しちゃうってことかな。
こうすることで、抱えてすぐに2HQ入ったとしても安全にSWに集中できる。
1回目のAMPSGの最中に2HQ入ったなら、そのままSW連発へ。
SGが終わった時点で2HQに入ってないなら、もう一度バックサンクを展開する。(Wizの詠唱が遅いと交戦時間が長くなるので、初期に出したサンクが途中で消えてしまうから。詠唱早いWizなら、特に張り替えなくてもOK。)

抱えるにあたって一番必要なのは、経験や技術よりも、勇気とか度胸。
それがないと、正直どうしようもない。
あとは焦らない事。
2HQに入れば、SW10といえども2秒くらいしかもたないけど、その2秒は意外と長い。
ASPD190へのSW練習方法としては、冠に憑神ギター持たせてPv行く事。
俺はホ○さんの冠に練習付き合ってもらった過去があったりする。

因みに、抱える利点と欠点を紹介すると次の通り。

(利点)
・剣ガディのHP状況に関係なく、安定して狩れる。
・技術的な面でWizからの信頼を勝ち取れる。
・相手のWizが誰であろうと共通して行える。

(欠点)
・青石の減りが早い。(だからって使用を惜しむのは論外)
・1ミスで即死亡に加えて、下手すると2HQ状態の剣ガディが必ず1体は存在する事になってしまう。
・他Mobによる横槍に弱い。(特にMobがプリ側に来た場合は苦しい。Wiz側ならば、まだWizにSWすることでどうにでも対処可能)

・ IW&FW

IWFW.jpg
                     
IWFW2.jpg
                     
IWFW3.jpg

ガチが「プリ主導の狩り方」ならば、こちらはIW(時間的にLv4推奨)とFWを駆使した「Wiz主導の狩り方」。
壁側ガチで得た経験やらを活かせる、ある意味で応用的とも言える。
めんどいので「IW&FW」と表記する事にする。
なお、上記のSSは全て同じ場所で、同じ剣ガディに対してのもの。(位置は3FのMAP右上の通路付近)
上のSSから下のSSへと一連の流れになっている。(因みにこの廃Wizさんは固定で組んでいる方)
平地でやってる応用のSSを選んでしまったけど、基本はガチ同様、壁際で行う。
剣ガディのHPが最大値」という仮定で話すと、そのプロセスは次の通り。

まずガチ同様に壁際へと誘導。
この際、最重要になるのが「IWしやすく、かつ、FWラインをはっきりさせれるような引き方」を心がける事。
したがって、剣ガディの進行方向が壁と平行になる進入の仕方(下図参照)は極力NG。
言い忘れた気がするけど、これは壁際ガチでの誘導でも同じ事が言える。

          壁壁壁壁壁壁壁壁  
            剣→   自→

とはいっても、こういう進入は止むを得ない場合もあるので、この対処については後述。
壁際へ誘導できたら、SWで抱える。
2HQ手前までAMPSGで削り(SS1枚目参照)、そこからがこのIW&FW(というよりはWiz)の見せ場。
剣ガディをIW2枚で止め、時間と剣ガディの歩行ラインを見計らってFWを3枚置く。
その後、少し離れた場所にSWを出し、WizはそこでAMP発動。(SS2枚目参照)
プリとWizが、きちんと同一のラインにいるように注意する事。
この間にプリ側は、自分にニューマ、剣ガディには確実に始末できるようLAを入れておく。
先に当たるのがFWであれAMPSGであれ、妥協はしない事。(してもいいけど、失敗した時に後悔したくないならやるべき)
また、Wiz側にもサフラを入れるようにする。
IW4の場合、剣が固定される時間は結構長いので、慌てずに1つずつこなすようにすると吉。
最後に、IWの解凍に合わせてAMPSG発動。
FW・SGヒットの影響で、剣ガディは必ずWizに向かっていくので、Wizのフォローをしつつ剣に再びLAをいれれば終了。
一応、位置関係を図で表記。


  壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁壁
        氷氷       自   魔
        氷  火火火
        氷氷


以上が基本的な形。
この方法の強いところは、まず2HQ状態で交戦する瞬間がほとんどないこと。
したがって、石の消費が少ないから滞在時間が大幅に伸びる。
また、他Mobの横槍が入ったとしても剣ガディ放置で処理できる。(いざとなれば剣ガディをそのまま飛ばせる)
そして何より、応用を利かせやすいから面白いし楽しい。
図だけ見ていると、「これと同じようにやらないといけない」と思いがちだけど、実際はそんなことはない。
例えばFW1つにしても、必ずしも壁と平行になるように出す必要はない。(必ず平行にしなきゃいけないとしたら、SSみたいなのは無理になってしまう)
FWが壁と垂直になるような位置で出す事も可能。
だから場所を選ばずにやっていけるという点で極めて強い。

したがって「剣ガディの進行方向が壁と平行になる進入」の場合でも、削ってIWで止めた後にFWラインを調整することで、実は綺麗に対処は出来る。

が。

当然、この方法にも問題はある。
それこそがまさに「食いかけの剣ガディに弱い」という点。

ガチは前述したように、準備さえ出来れば「どのタイミングで2HQになっても」さほど問題ない。
なぜなら「削る」と「倒す」の方法が全く同じだから、いつ2HQになるかはそこまで重要にならない。
重要なのはサンク準備できるかどうか・いつでもSW連発できる体勢かどうか。

逆にIW&FWは「削る」と「倒す」の方法が全く別物で、特に倒す方法に華があるせいか、「倒す準備」に意識は向いても「削る準備」への意識がかなり薄くなる。
ゆえに削る時点(ないしはその最中)で2HQに入るとかなり焦る上、そのままAMPSGでやってしまうのか、それともIWで止めるべきなのかでWiz側も迷ってしまう。
これを克服するには連携強化・慣れ以外にないので、食いかけ対処にはかなり向いてない欠点がある。

利点と欠点をまとめると以下の通り。

(利点)
・2HQ状態で交戦しない方法なので、青石消費が実に経済的。
・プロセスの流れからして「プリ主導(削る)→Wiz主導(倒す)」のため、どちらも楽しめる。
・応用する事で場所を選ばない。

(欠点)
・Wiz側の技術力・スキル構成に依存する。(=相手を選んでしまう)
・剣ガディのHP状況次第で、安定度が左右されやすい。


非常に長い項目になったけど、剣ガディ対処に関してはまだまだ色々ある・・・というか、発想次第で色々いける。
引きながらサンクの上を歩かせる事で、食いかけかどうかの判断できるしね。
どちらの方法を選ぶにせよ、万全を期すことが最大の対策と思ってる。


その2に続く。
RO(攻略)  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

お礼かこうとしたらなんか相方にデレデレしててお礼いう気なくなったよ!
おれの社員さんがー(´・ω・)
情報ありがとー、参考にしてトールでデスペナ築いてくる!
[トール火山] λ.....

みそ #HrBMLZA. | URL | 2008.10.18 21:58  edit

「俺の社員さん」なんて、そんなダメよっ、私には相方というものが・・・・*><*
でもちゃんとお礼言ってる味噌さん萌え。

トールは死ねば死ぬほど面白くなるんだぜ。

社員 #- | URL | 2008.10.21 09:48  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://akaonisyain.blog105.fc2.com/tb.php/10-2f222d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。